2011年11月30日

世界に誇る日本のすごいチカラ

世界に誇る日本のすごいチカラ

技術、発明、文化、自然、人……日本には、世界に誇れるものがこんなにたくさんある!

たとえば――?

日本のように、水道の蛇口から出てくる水をそのまま飲める国は数少ない。その裏には日本のすぐれた浄水技術がある。カンボジアの首都プノンペンで水道水が飲めるようになったのは、北九州市水道局による技術協力だった。

世界一時間に正確といわれる日本人なだけに、時計作りにおいて日本には「世界一」がいくつもある。たとえば、世界一大きい砂時計、世界一大きい地球儀時計、そして、情報通信研究機構と東京大学が共同開発したのは、なんと6500万年に1秒しか狂わない世界一正確な時計だ。

まだまだあります。
北京オリンピックのメイン会場の「鳥の巣」の屋根は、日本製だった。
日本の小さなメーカーが、0・03ミリの世界一細い手術針の開発に成功した。
床に立てたコインが倒れることなく高層ビルを世界最高速度で上下する――日本が世界に誇るエレベーターの技術だ。

こんなものもあります。
サッカー・ワールドカップの審判のホイッスルには日本製が使われている。
中華料理店でおなじみの回転テーブルは、実は日本が発祥の地だった。
日本のケータイの「絵文字」が世界標準になりつつある。

……など、本書では、ほとんどの日本人が知らないけれど、実は世界中で大きな評価をされている日本の実力と魅力を紹介。「意外!」「やっぱり!」と楽しみながら、みなさんの「日本人力」アップに役立ててください!
posted by Idol-Net21 at 12:25| クール・ジャパン